image
The Japanese Society for Experimental Mechanics
日本実験力学会
 ホーム  > 顕彰について  > 学会賞について

学会賞について


2017年度学会賞の募集について
【推薦書送付期日:2017年2月10日(金)】

 本会は,実験力学分野の学術および技術の進歩・発展・向上を目的として,「学会賞」を設け,本会会員を表彰します.

表彰対象および表彰件数は以下の通りです.
  1. 特別賞:特別賞には,表彰対象により功績賞,貢献賞,教育賞の3賞を設け,合わせて2件以内とする.
    (ア)功績賞
    実験力学分野における学術・技術の進歩・発展・向上に寄与し,永年の業績顕著な本会会員を表彰する.なお,“西田賞”(旧光弾性学会)は,特に光応用技術分野の功績賞として取り扱う.
    (イ)貢献賞
    本会会務・運営を通して本会の発展・充実に大なる寄与をし,その貢献が顕著な本会会員を表彰する.
    (ウ)教育賞
    実験力学分野の啓蒙・教育・普及に尽力し,教育貢献が顕著な本会会員を表彰する.
  2. 論文賞:成果の主要部分が,前3年以内に本会会誌「実験力学」あるいは本会が主催・共催する国際会議論文集に掲載された独創的で新規性のある優秀な論文を対象とし,その著者を表彰する.表彰は2件以内とする.

  3. 技術賞:実験力学分野における実用的価値のある新技術(特許等を含む)であって,その内容が前5年以内に本会会誌あるいは本会主催・共催の講演論文集に公表されたものを対象とし,その進歩・発展に格段に貢献した本会会員あるいは賛助会員に属する個人または団体を表彰する.表彰は2件以内とする.

  4. 奨励賞:実験力学分野における優秀な学術あるいは技術業績を挙げ,前2年以内に本会会誌あるいは本会主催・共催の講演論文集に掲載された論文あるいは技術報告を対象とし,将来の成長が期待される満35歳未満(受賞年の4月1日現在)の本会会員を表彰する.表彰は3件以内とする.内,少なくとも1件は,学生を対象とする.
学会賞の受賞候補者の推薦は,自薦も含めた本会会員による公募推薦によるものとし,所定の推薦書に必要事項を記入したうえ,論文別刷りなど参考資料を添付して顕彰担当理事宛に期日までに送付してください.表彰は,毎年1回,総会において行われ,表彰状と副賞を贈呈します.詳しくは,表彰規定をご覧ください.

2017年度学会賞募集要項、推薦書は下記よりダウンロードしてお使い下さい。

募集要項

pdf(PDF)

学会賞推薦書

excel「論文賞・技術賞・奨励賞/特別賞」推薦書(EXCEL)

推薦書郵送先

〒852-8521 長崎市文教町1-14
長崎大学大学院工学研究科
システム科学部門 構造工学コース
松田 浩
電話:095-819-2590(直通)
095-819-2880(インフラ長寿命化センター)
Fax: 095-819-2602(直通)
matsuda【@】nagasaki-u.ac.jp

送付期日

2017年2月10日(金)

学会賞選考結果発表

2016年度学会賞の選考結果発表
2015年度学会賞の選考結果発表
2014年度学会賞の選考結果発表
2013年度学会賞の選考結果発表
2013年度学会賞の選考結果発表
2012年度学会賞の選考結果発表
2011年度学会賞の選考結果発表
2010年度学会賞の選考結果発表
2009年度学会賞の選考結果発表
2008年度学会賞の選考結果発表
2007年度学会賞の選考結果発表
2006年度学会賞の選考結果発表
2005年度学会賞の選考結果発表
2004年度学会賞の選考結果発表
2003年度学会賞の選考結果発表

▲ページ先頭へ


ホームサイトマップお問い合わせ・連絡先
Last Updated  Jan. 8, 2017