The Japanese Society for Experimental Mechanics
日本実験力学会  ホーム  > イベント  > 関連イベント会議予定  > 日本実験力学会 2016年度年次講演会
日本実験力学会2016年度年次講演会
2016 JSEM Annual Conference on Experimental Mechanics, September 1-3, 2016
日本実験力学会 2016年度年次講演会
開催日:2016年9月1日(木),2日(金),3日(土)

会 場:近畿大学東大阪キャンパス (〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1 )
近鉄大阪線・長瀬駅・徒歩10分,近鉄奈良線・八戸ノ里駅・バス6分.
詳しくは,近畿大学ホームページ交通アクセスを参照下さい.
http://www.kindai.ac.jp/about-kindai/campus-guide/access.html

講演会場:BLOSSOMCAFE(ブロッサムカフェ2階・3階、キャンパスマップ:5の建物)
懇親会会場:カフェテリアNovember(11月ホール地下1階、キャンパスマップ:3の建物)
キャンパンスマップ:http://www.kindai.ac.jp/about-kindai/campus-guide/higashi-osaka.html


主 催:日本実験力学会
協 賛(予定): (公社)応用物理学会,(一社)可視化情報学会, (公社)計測自動制御学会,(公社)高分子学会,(公社)精密工学会,(一社)電子情報技術産業協会,(一社)ターボ機械協会,(一社)日本鉄鋼協会,(公社)土木学会,(公社)日本ガスタービン学会,(一社)日本トライボロジー学会,(一社)日本機械学会,(公社)日本金属学会,(一社)日本建築学会,(一社)日本航空宇宙学会,日本高圧力学会,日本混相流学会,(公社)日本材料学会,日本材料科学会,日本材料試験技術協会,(公社)日本伝熱学会,(一社)日本日非破壊検査協会,日本複合材料学会,(公社)日本補綴歯科学会,(一社)日本流体学会,Society for Experimental Mechanics, British Society for Strain Measurement, Asian Society of Experimental mechanics.


★「11th ISEM’16 高校生・高専生ポスター展示発表の部」はこのページの下の方にあります.


講演申込締切日

申込方法

2016年5月6日(金)--->5月17日(火)に延長いたします.

(講演申込は締め切りました)
採択通知 研究発表の採否については,5月30日(月)までに代表者あてにE-mailにて通知致します.万一期間内に連絡の無い場合は,必ず下記問い合わせ先にご連絡下さい.
原稿執筆 A4判用紙2ページ(ページ数が2016年度から変更になっています.)
日本実験力学会講演論文集用原稿の書き方を参照してください.
作成要項及び見本に関しては下記URLをご参照ください.
日本実験力学会講演論文執筆要領
日本実験力学会講演論文の書き方(原稿見本)
原稿提出締切日

原稿提出方法

2016年6月30日(木)(必着)
原稿は投稿フォームからアップロードしてください.
(フォームの公開までしばらくおまちください)
募集要項 実験力学会分野全般にわたる一般セッションと下記のオーガナイズセッションについて,幅広く発表申込を募集します.
募集テーマ オーガナイズドセッション一覧
[カッコ内はオーガナイザ名]
(1)「動的・衝動現象の計測と解析」[足立忠晴(豊橋技科大),樋口理宏(金沢大)]
(2)「新しい機能性材料探索の最前線とマイクロ・ナノ領域物性計測技術」[三宅修吾(神戸高専),生津資大(兵庫県大)]
(3)「高分子材料および高分子基複合材料」[中田政之(金沢工業大学),坂井建宣(埼玉大学)]
(4)「画像処理を用いた計測技術とその産業分野への応用」[梅崎栄作(日本工大),加藤章(中部大),二瀬克規((株)悠心)]
(5)「光学的手法の新しい展開と応用」[藤垣元治(福井大学),米山聡(青山学院大),内野正和(福岡県工業技術センター)]
(6)「光学的手法によるひずみ計測・解析の高精度化」[内野正和(福岡県工業技術センター),米山聡(青山学院大)]
(7)「固体材料の力学的特性の非接触測定」[森きよみ(拓殖大),千葉美麗(東北大)]
(8)「流体の可視化と計測」[文字秀明(筑波大学),加藤健司(大阪市立大学)]
(9)「熱・流体工学」[澤井徹(近畿大),熊谷剛彦(北海道大)]
(10)「模型実験の活用と課題」[中村祐二(豊橋技科大),平沢太郎(中部大学)]
(11)「バイオメカニクスと臨床応用」[坂本信(新潟大),遠藤英昭(東北大)]
(12)「地域連携による医療・福祉・介護機器の開発」[北山一郎(近畿大),西垣勉(近畿大)]

一般セッション
(一般セッション1)破壊力学
(一般セッション2)逆解析・ハイブリッド法
(一般セッション3)画像処理
(一般セッション4)マイクロメカニクス
(一般セッション5)土木・社会基盤構造物
(一般セッション6)その他,実験力学一般
参加登録費 (a) 正会員(協賛学会含む)  8,000円
(b) 学生会員(協賛学会含む) 2,000円
(c) 会員外          12,000円
(d) 会員外学生        3,000円

「参加登録フォーム」を使ってご登録をお願いします.

参加登録フォーム


○参加振込口座
参加費の振込口座は以下の通りです。7月11日(月)までにご送金下さい.以後は,当日登録の取扱いとさせていただきます.送手数料は参加者負担でお願いします.
銀行及び支店名:りそな銀行 長瀬支店(店番422)
名義:日本実験力学会2016年度年次講演会 実行委員長 澤井徹
種別:普通 口座番号:1592472

○当日登録
参加費は当日会場にてお支払下さい.
(a)正会員(協賛学会含む)  10,000円
(b)学生会員(協賛学会含む)  3,000円
(c)会員外         15,000円
(d)会員外学生       4,500円
※参加費には講演論文を含みます.講演論文集のみの販売も致します.(1冊5,000円の予定).ご希望の方はお問い合わせください.
懇親会 日時:9月2日(金) 17:30〜20:00(予定)
・会場:近畿大学内「カフェテリアNovember」(近大マグロの解体ショー必見です.)
(東大阪キャンパス11月ホール地下1階、講演会場BLOSSMCAFEの斜め向かい)
・会費:(事前申込) 7,000円,学生3,500円
    (当日申込) 8,000円,学生4,500円
※会費は当日学会受付にてお支払頂きます.また,会場確保の都合上,なるべく参加登録フォームにて事前申込みをいただけましたら幸いです.
・領収書は「2015年度日本実験力学会年次講演会実行委員会」から発行致します.
・その他の書式はご相談下さい.
その他 ・プログラム構成についてはオーガナイザおよび実行委員会にご一任下さい.
・講演プログラムなどの最新情報については,学会ウェブサイトで逐次お知らせいたします.
・発表時間は1件20分(発表15分,質疑5分)です.
・使用言語は日本語または英語です,
・会場では液晶プロジェクターを利用できます.ただし,ノートパソコンは各自で準備して下さい.
・日本実験力学会会員で35歳以下の講演者は,優秀講演表彰の対象となります(ただし,既受賞者を除く).講演申込の際に必ず年齢を明記して下さい.
・総会は9月2日(金)に予定しています.
・懇親会は9月2日(金)夕刻に予定しています.
・暑い時期のため,気楽な服装で参加して下さい.
・講演論文集のみ購入希望の場合はお問い合わせ下さい(1冊5,000円の予定です.)
・例年ISEMで企画していた高専・高校の特別ポスターセッションを9月3日(土)に開催します.奮ってご参加下さい。
問い合わせ先 近畿大学生物理工学部 澤井 徹,山本 衛
〒649-6493 和歌山県紀の川市西三谷930
Tel: 0736-77-3888/ Fax: 0736-77-4754
E-mail: sawai【@】waka.kindai.ac.jp
E-mail: ei【@】waka.kindai.ac.jp
(【@】を半角の「@」に直してご入力ください.)
主な日程 申込み締め切り:2016年5月6日(金)--->5月17日(火)に延長
採択通知:2016年5月30日(月)
原稿締め切り:2016年6月30日(木)(必着)
会期:2016年9月1日(木),2日(金),3日(土)
広告・機器展示の募集  本講演会では企業による機器展示,講演論文集に掲載する広告,会場にて配布するカタログ,パンフレットを募集しております.次の申し込みフォームからお申し込みください。
広告・機器展示に関する詳細(ダウンロードしてください)

広告・機器展示申込フォーム




11th ISEM’16
The 11th International Symposium on Advanced Science and Technology
in Experimental Mechanics
(第11回実験力学における先端科学技術に関する国際シンポジウム)
高校生・高専生ポスター展示発表の部

主催: 日本実験力学会 第11回実験力学における先端科学技術に関する国際シンポジウム
開催日時:2016年9月3日(土) 11:00-13:00(予定)
会場:近畿大学東大阪キャンパス (〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1 )

参加資格: 高等学校または高等専門学校の生徒・学生(高専は専攻科学生も含む)
      参加に対しまして,教員および学生の学会入会の有無は問いません.
      どなたでも参加していただけます.
発表対象: 各学校で取り組んでいる科学技術に関する実験研究やものづくりの成果
参加申込締切: 2016年5月6日(金)
英文アブストラクト提出締切: 2016年6月30日(木)
受付・問合せ先(展示発表の部担当者):
  山本 衛(近畿大学准教授)
  メールアドレス:ei@waka.kindai.ac.jp
  TEL:0736-77-0345 内線4522, FAX:0736-77-4754
  〒649-6493 和歌山県紀の川市西三谷930
         近畿大学 生物理工学部 医用工学科

★詳細は,下記の「募集要項」をご参照ください.

ダウンロード:
募集要項
アブストラクトのフォーム

Special Poster Session by Students of High School, College and Institute of Technology
The Symposium will make plan to have poster session of presentation by students of high school, college and institute of technology. Posters must reflect the material summarized in your One-page abstract in English. Please apply to Professor Ei Yamamoto by e-mail (ei@waka.kindai.ac.jp) until July 30.

For Further Information Contact:
Professor Ei Yamamoto, Kinki University (Japan)
E-mail: ei@waka.kindai.ac.jp


▲ページ先頭へ


ホームサイトマップお問い合わせ・連絡先
Last Updated May 27, 2016